«

5月 09

友達と食べたものを見せ合おう

芸能人がCMもしているとても有名なダイエットジムがありますが、そちらでは筋力トレーニングは週に1回程度、2ヶ月間後に8回程度ですが、毎日LINEやメールで食べ物を報告し、指導をしてもらうことで痩せる効果が期待できるととても有名になっています。
しかしその食べたものを報告すると言う行為は実はよく考えてみるとただ報告するだけで自分でできることなのです。もしくは最も良いのは友達同士で報告し合うということです。もしこれが友達同士お互いに食べた物を報告しあい栄養素や脂肪分について批評し相談しあえれば同じような効果が期待できます。
ダイエットジムでは、高額のお金をわずか数ヶ月間の間に払わなければなりませんが、友達同士であればその必要はありません。ですから同じような境遇の友達を見つける事はとても良いことでしょう。

一緒にダイエットする友達は見つけられる!

もしも一緒にダイエットをがんばる友達が見つからない場合はインターネットで募集してみてはどうでしょうか。
もしくは友達とダイエットするためには体重の幅が大きい場合、身長の差や体脂肪の率が非常に大きく異なる場合は特に身近な友達よりもインターネットで募集するダイエット友達の方がダイエットの状況を共有して一緒にがんばりやすいのではないでしょうか。
最近では若い女性の間で、ツイッターでダイエットアカウントを作ることがはやっています。高校生は特に、1人で4つから5つのTwitterアカウントを平均すると思っているという調査結果が出ています。そしてその中に、ダイエットアカウントと言うものが存在するそうです。ダイエットのためにどんな事をしたか、もしくはダイエット中なのに何かを食べてしまった、ダイエット中なのにお菓子を食べたい、食べたくて仕方がない等のつぶやきをたくさん行っているのです。
つまらないつぶやきばかりをしてしまうと、友達に見られると困ると言う女性が増えており、ダイエット専用のアカウントを作っているそうです。ダイエットの愚痴を言いまくるカウントといってもよいでしょうか。そのようなアカウントを持つことでいくらでも言いたいことや愚痴を言えることになりそうです。これはダイエットにとっては非常に良い効果があると言えるでしょう。同じようにダイエットアカウントを作っているフォロワーを見つければお互いに励ましあうことができてとても良いのです。
身近な友達、インターネット上で知り合った知人、どんな形でもダイエット中にお互いに叱咤しあえると言う事は非常に良いと思います。また愚痴を言える方がストレスの解消になりやすいため、ダイエットを続けるにあたりとても効果的であると言えるでしょう。